切ない想い

29363069

供養祭が決まっている仏様が、ふっと姿を現すとき

 

生前の姿で現れるとき

 

その一瞬だけでも、どんな方だったのかわかる

 

先日、私の前に現れたIさん

 

着物を着て、やさしそうな、涼しげな笑顔で私を見ていた

 

そんな姿を見せられるたび

 

思う

 

伝えるのが、知らせるのが、私の仕事

 

伝えず、後悔するのなら伝えなくては、と思う

 

生きている人も、あの世へ行った人も

 

もともと同じ人間だから

 

悲しみも、喜びも

 

感じる心はどちらもおんなじだから

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 水子の心
  2. 蒼い珠となって
  3. 神様からのご褒美は
  4. 無縁仏の行先は
  5. 選択の時
  6. 霊視
  7. 再び
  8. 決心

カテゴリー







最新コラム一覧

  1. 石に願うとき
PAGE TOP