忘れないで

1424-italy09-083

心が移ろいやすいのは なんのせい?

 

怒りや、悲しみの波は どこから来るの?

 

それが、自分のご先祖様や水子だと気が付くには

 

なかなか至らないものなのかもしれません

 

でも、どんなに何かのせいにしてみても

 

どんなに誰かのせいにしてみても

 

仏様の訴えである限り、解決はしないのです

 

成仏できるよう、供養をしてあげなくては、解決はしないのです

 

身体がない分、仏様はね、自身ではどうにもならなく苦しいから...

 

大切にされてない

 

忘れられている

 

様々な想いが念となり、訴えてくるから

 

その念をしょっていれば、当然ながら身体は重くなり、心も泳ぐのです

 

それだけ、仏さんの想いは、切なく 苦しく 悔しく 悲しいものなのです

 

本当に、生きている私たちと同じに心を持ち続けているのですから

 

忘れないでいてあげてほしい

 

昨日は、そんな供養祭を執り行うことができました

 

 

 

 


関連記事

  1. 故人の想いは
  2. ごはんが食べたい
  3. 悲しみの果てに
  4. 再び
  5. 良い縁を引き寄せるために
  6. 神様からのご褒美は
  7. 素直なままで
  8. 解放

カテゴリー







最新コラム一覧

  1. 石に願うとき
PAGE TOP