2014年 5月

  1. 蒼い珠となって

    水子の心は  穢れがなくきれいなのだということを先日の供養祭にて視ました写真のようなきれいな蒼い光の玉となり上がって行った水子言葉で表すのには限界も感じるほどにきれいでした私たちは、水子がいても…

  2. 解放

    友人が、亡くなったお姑さんの供養祭にやってきた彼女が頼りのお姑さんだったが式の最中、お経をあげているときだったかな○○○  ○○○ちゃん...ありがとうってやっと楽になったって私た…

  3. 故人の想いは

    亡くなった方の想いが聞こえるときそれはせつないもの永く患う孤独と寂しさはいかほどのことだったかそのつらさ、さびしさを心の奥底で波打つ人生だったのだろう三途の河で寂しげにたたずむ姿に…







PAGE TOP