2014年 6月

  1. 過ち

    自分が間違った選択をしているかどうかにおいて迷うことなく、正しいと信じて疑わずに生きていくことは大切だけれど自分のその信じる道を行くために、自我を通すために家族や周りの者が泣くことのないようにしてあげてね今日も、供養…

  2. 向かう心はどこに

    誰しもがみんな  望みは違えどもしあわせになりたいしあわせにしたいとこころのなかで思ってるでも、遠く先祖にさかのぼり過ちを、過ちと気づかず生きたことで神に心を通すこと(感謝と真心)の大切さを&…

  3. どちらが本当に悲しいのでしょう

    この世に生を受ける前に、葬られてしまう子母のおなかの中で、気が付かないうちに流れてしまう子水子といいますどうしても許されない状況の中で、お腹の子供と決別をしてしまうこれは、決して責めることはできないことだけれど、体がなくなっても子供には変わりがないのですあなたが今まで、今…







PAGE TOP