1. 待ち続けて

    今日は、朝から目がしょぼしょぼ眠くて頭がはたらかずに...困ったなあ午後から供養祭がはいっているのに、祝詞を間違えたら困るなあ...なんて思っているうちにそうでした(^_^.)供養する方が、もう待ちきれずに来られてい…

  2. 素直なままで

    仏様の性分や気質というものは、生きているうちと変わらない素直なひとは、供養祭においても、本当に軽やかに神に手を引かれて上がって行く昨日、供養祭をしたHさんの息子さんも一粒の涙も流さず、素直に喜び、素直に受け入れて上がって行った&nb…

  3. いい夫婦の日に(11月22日)

    夕方のニュースでああそうか(笑)とわかりましたが...昨日、お姑さんの供養祭をした際、奥様にたくした言葉は息子を頼みます、でしたいつの世も、母が子を想う心はひとつしかありませんただただしあわせにと…

  4. 素敵な誕生日♪

    この写真は、以前、空にあらわれた龍神様ですが今日、鑑定に来られたSさんもまた同じ経験をしていました数日前、市内の神社を訪れたとき空にはきれいな月が見えその月を覆うように龍神さまの姿をした雲があらわれその雲の中に隠れた…

  5. 形見

    先日の鑑定で、奥様の形見についてご相談を受けましたどうしても処分することができないでいるとのこと誰しも、大切なヒト、大切な家族のものは亡くした悲しみや、それまでの看病やら葬儀を終えた疲れでしばらくそのままにしてしまうことでしょう&n…

  6. 動けない人たち

    自らの意志で、この世に別れを告げるひとが後を絶ちません毎日毎日電車が止まり、携帯やニュースで流れたりもしますみんな、心の病や苦しみから逃れるためにしてしまうことだけれどその時はもう、そのことしか考えないからなのだけれど…

  7. 無縁仏の行先は

    先日、賃貸物件をお持ちの方からご相談を受けましたワンルームに独身の男性が住んでいたのですが、病気で亡くなってしまったとのことでした20年以上その部屋に住み、まじめに働いていたそうですが、病気になり、とうとう仕事に行けなくなっってしまいました…

  8. 水子の心

    仏様の供養のことでも、忘れてはならないのが水子です自然流産や、中絶など、様々な事情によりあの世に行かなければならなくなった子供を水子といいますが水子の作用は、大人の仏様より強く出てしまいますなぜか?それは実は、簡単で…

  9. 本当に愛していますか

    小さなころは、お母さんが大好きだったお父さんが大好きだったお父さんのような立派な大人になりたかったのに...ただただ、そばにいてほしかったのに...子供の叫びに気が付くことができたのならあなたに背…

  10. 良くなっていく人は

    日々の生活のなかで、どんどん生きやすくなるためにはどうしたらいいと思いますかそれはね、眼には見えないものを信じられるかどうかっていうことにつきるのですレイキにおいても、石でのヒーリングにおいても、はたまたタロット占いにおいて…







PAGE TOP