亡き母の願い

32144874

水子を賽の河原へ残したまま、旅立った母親

 

どうしてやることもできず、時がたちました

 

この世に残した息子たちは、とうぜんのごとくに仲は良いわけもなく

 

息子の一人が、あの世で悔いている母親のため水子のため

 

あの世で、仲良く暮らせるよう、供養祭をするはこびとなりました

 

賽の河原まで出迎え、水子の手を取り一緒に行く姿を視たとき

 

涙がでてきました

 

母の想いとは、どこまで愛にあふれているのかということを知らされて...

 

そして、供養祭が終わり

 

息子に、水子の供養をしてもらえる母親のしあわせを想ったとき

 

また、息子に手を合わせる母が視え

 

いる世界は違えども、思い思われる親と子

 

本当のしあわせとは、愛を与えることなのだと

 

思わずにはいられない供養祭となりました

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 百年越しの想い
  2. 人のために泣けますか
  3. 蒼い珠となって
  4. 形見
  5. ごはんが食べたい
  6. 解放
  7. 人間関係において
  8. 素直なままで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー







最新コラム一覧

PAGE TOP