故人の想いは

2014041400110000

亡くなった方の想いが聞こえるとき

 

それはせつないもの

 

永く患う孤独と寂しさは

 

いかほどのことだったか

 

そのつらさ、さびしさを心の奥底で波打つ人生だったのだろう

 

三途の河で寂しげにたたずむ姿に

 

仏様になったことの意味を知るとともに

 

訴えてくる

 

生きているうちに、喜びに満ちあふれていたときもあったはず

 

しかし、なぜこの最期なのかを..

 

穏やかに 後悔しない最期を迎えられる人

 

そういう人生こそが、いちばんしあわせなのだから

関連記事

  1. 素敵な誕生日♪
  2. 人のために泣けますか
  3. 素直なままで
  4. 悲しみの果てに
  5. 龍神様のお出迎え
  6. 動けない人たち
  7. 水子の心
  8. 身支度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー







最新コラム一覧

PAGE TOP