故人の想いは

2014041400110000

亡くなった方の想いが聞こえるとき

 

それはせつないもの

 

永く患う孤独と寂しさは

 

いかほどのことだったか

 

そのつらさ、さびしさを心の奥底で波打つ人生だったのだろう

 

三途の河で寂しげにたたずむ姿に

 

仏様になったことの意味を知るとともに

 

訴えてくる

 

生きているうちに、喜びに満ちあふれていたときもあったはず

 

しかし、なぜこの最期なのかを..

 

穏やかに 後悔しない最期を迎えられる人

 

そういう人生こそが、いちばんしあわせなのだから

関連記事

  1. 真心をとおすこと
  2. 形見
  3. 傷が癒えるとき
  4. 神様からのご褒美は
  5. 龍神様のお出迎え
  6. 悲しみの果てに
  7. 本性
  8. 命の尊さ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー







最新コラム一覧

PAGE TOP