霊視

P3131464

先日相談に来られたYさん

 

お電話で数日前に予約されていましたが

 

来られる前日、見知らぬお婆さんが視え

 

ん?誰だろう???

 

わが家のぞ先祖様ではないことはわかりましたが

 

何やら、和服を着、髪をきれいに結い上げた白髪のお婆さんが横を向いてみえました

 

神様の視せてこられる仏様は、ぜんぜん怖くないですし

 

まあ、そのうちわかるだろうと思いましたが

 

次の日、来られた方のお婆さんだということがわかりました

 

事情があり、正面を向いて姿を現すことができず

 

でも、Yさんに助けてほしくて訴えてきたのです

 

苦しい胸の内を、自分のことを思い出してほしくて訴えてきたのです

 

ちょうど苦しかった頃、Yさんは右腕を故障していたそうですが

 

その時と同じ症状に苦しんでいました

 

そして、もしかしたらお婆さんが原因で、いろいろなことが起きてしまっているのではないのかと

 

その通りです

 

供養して差し上げたほうが、お婆様も救われ、Yさんもまた良くなることをお話しし

 

供養祭のはこびとなりました

 

本当に、仏様というのは、仏心の分かるものにうったえてきます

 

仏の心とは、慈悲のこころ

 

神様の大好きなこころなのです

 

仏の心がわかるひとは、神様にも愛されるのですね

 


関連記事

  1. 形見
  2. 切ない想い
  3. 動けない人たち
  4. 天女のごとく
  5. 本当に愛していますか
  6. 龍神様の棲家
  7. ごはんが食べたい
  8. 故人の想いは

カテゴリー







最新コラム一覧

PAGE TOP