切ない想い

321-suiren

先日、友人のご主人のお母様が亡くなりました

 

強いお姑さんとしっかり者のお嫁さん

 

どこにでもある、諸々の感情の軋轢はあったのだけれど

 

慈悲のこころを持った友人は

 

おかあさまの気持ちを聞いてほしいと連絡をくれました

 

そして、供養をしてほしいとも...

 

印鑑の心配

 

そして、息子の身体の心配

 

そして、お嫁さんであるあなたを頼りにしていると...

 

生きている間は叶わなくとも、あの世へいくと

 

誤解は必ず解けるもの

 

なんでかと言えば

 

心の中までちゃんとわかってしまうから

 

どんなに仲が悪くたって

 

どんなに仲が良くたって

 

本当の性分がわかるのもまた仏様なのです

 

だから、仏心のわかるものにうったえてくるのです

 

供養してくれるものにうったえてくるのです

 

これは、決して不幸なことではなく

 

しあわせなこと

 

だって、今度はおかあさまがあの世から守ってくれることになるのだから

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 百年越しの想い
  2. 天女のごとく
  3. 本当に愛していますか
  4. 再び
  5. 神様からのご褒美は
  6. 蒼い珠となって
  7. 過ち
  8. 無縁仏の行先は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー







最新コラム一覧

PAGE TOP