真心をとおすこと

P4221647

昨夜、ふと、うつむき加減にビスケットをかじる男の子が視え

 

あ、日曜日に供養祭をするあなたなのね...

 

うつむきかげんだけれど、決して寂しげではなかった

 

で、依頼者であるHさんに電話をして聞いてみた

 

ビスケットお供えした?

 

やはり、気にしていたHさんは、ビスケットをお供えしていた

 

お母さんのまごころを受け取り

 

ビスケットをほおばっていた男の子

 

どんなにか嬉しかったろうと思うと

 

真心の大切さに

 

ありがたさに涙が出そうになる

関連記事

  1. 百年越しの想い
  2. 努力の先に
  3. 故人の想いは
  4. 感謝祭
  5. 命の尊さ
  6. 待ち続けて
  7. 忘れないで
  8. 防風林

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー






最新コラム一覧

  1. 流れに任せて
PAGE TOP