どちらが本当に悲しいのでしょう

30249537

この世に生を受ける前に、葬られてしまう子

母のおなかの中で、気が付かないうちに流れてしまう子

水子といいます

どうしても許されない状況の中で、お腹の子供と決別をしてしまう

これは、決して責めることはできないこと

だけれど、体がなくなっても子供には変わりがないのです

あなたが今まで、今、悲しいのは

今まで、肝心な時に物事がうまくいかなかったのはなぜだかわかりますか

水子が悲しくて、さびしくて訴えかけているからなのです

だれにも分かってもらえない、だれにも振り向いてもらえない

この悲しさ、わかるひとになってほしいとおもいます

人の心は、体があってもなくても永遠に存在しています

わたしたちはね、生きている間にそれを学ぶためにいるのです

 

 

関連記事

  1. 良くなっていく人は
  2. 選択の時
  3. 素敵な誕生日♪
  4. 命の尊さ
  5. 母のやさしさ
  6. 永遠の愛
  7. 人間関係において
  8. 無縁仏の行先は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー






最新コラム一覧

  1. 流れに任せて
PAGE TOP