再び

その仏様は、二度姿をあらわした

 

一度目は、辛かった自分の姿で  伏し目がちに

 

二度目は、綺麗にお化粧をし、朱のの紅をひき、明るい強い顔立ちに変わり現れた

 

そして、姪の真心をもらい、神様とともに旅立っていった

 

また、すてきなすてきな供養祭だった

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 故人の想いは
  2. 良い縁を引き寄せるために
  3. 人のために泣けますか
  4. 水子の心
  5. 百年越しの想い
  6. 天女のごとく
  7. 傷が癒えるとき
  8. 感謝祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー






最新コラム一覧

  1. 流れに任せて
PAGE TOP