再び

その仏様は、二度姿をあらわした

 

一度目は、辛かった自分の姿で  伏し目がちに

 

二度目は、綺麗にお化粧をし、朱のの紅をひき、明るい強い顔立ちに変わり現れた

 

そして、姪の真心をもらい、神様とともに旅立っていった

 

また、すてきなすてきな供養祭だった

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 本性
  2. 人のために泣けますか
  3. 人間関係において
  4. 井戸の神様
  5. 切ない想い
  6. 母のやさしさ
  7. 亡き母の願い
  8. 悲しみの果てに

カテゴリー







最新コラム一覧

  1. 石に願うとき
PAGE TOP