解放

045

 

友人が、亡くなったお姑さんの供養祭にやってきた

 

彼女が頼りのお姑さんだったが

 

式の最中、お経をあげているときだったかな

 

○○○  ○○○ちゃん...ありがとうって

 

やっと楽になったって

 

私たちは、体があるからこそ頭で考え悩み

 

こころで憎しみや怒りを感じ

 

愛を求める人間

 

肉体というものはいつかなくなる

 

そのあと、神様のもとへ行く旅に、長い旅に出るのだけれど

 

供養祭はね、一気に神様のもとへ連れて行ってくれる

 

彼女自身が徳をまた一つ積み、先祖の守りをいただくことができる

 

穏やかで、美しい

 

そんな供養祭をまたさせていただくことができたこと

 

神様のおかげと、感謝せずにはいられない

 

 

 

 

関連記事

  1. 水子の心
  2. 素直なままで
  3. 龍神様の棲家
  4. 忘れないで
  5. 百年越しの想い
  6. 永遠の愛
  7. どちらが本当に悲しいのでしょう
  8. 向かう心はどこに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー







最新コラム一覧

PAGE TOP