天女のごとく

PB191253

今日、供養祭にいらしたMさん

 

午前中仕事にもかかわらず、なんだかうれしくてAKB48ならぬハイテンション♪

 

止めようにも止まらず、ここに来るなり、困っちゃいましたと、笑っていました(#^.^#)

 

ご本人も気づいていましたが、そう、ご先祖さま方がうれしくて止められずにいたためだったのです

 

供養祭も、なんだかいつもより大勢の仏様たちがまっているため、

 

ちょっと、お経を間違えそうになるほどの間隔、とともに...

 

静かに、手と手をつなぎあい合い、左手を上にかざし、右手をしたにみんなで神様に手を引かれ上がって行く姿が見えました

 

袖の長い着物を身にまとい、緩やかに、厳かに、上がって行く姿は、感動でなきそうになるほどの映像ったのです

 

こうして、仏様のことを助け、家族を想い頑張る真心を

 

神様はしっかりと理解してくださいます

 

神様に向かうことの、本当の尊さとは、慈愛に満ちた人に育っていくこと

 

またひとつ、貴重な経験を、私も積むことができました

 

ありがとう、Mさん

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 龍神様のお出迎え
  2. 真心をとおすこと
  3. 防風林
  4. 身支度
  5. 神様からのご褒美は
  6. 再び
  7. 水子の心
  8. 動けない人たち

カテゴリー







最新コラム一覧

  1. 石に願うとき
PAGE TOP