永遠の愛

緑

先日の供養祭にて

 

亡くなった父から娘への想いを知ることとなりました

 

遺した家 遺した因縁

 

それを誰がしょっていくことになるのか

 

心配で どれだけ胸を痛めているのか

 

わかる私は

 

「娘をよろしくお願いします」

 

礼儀正しくお辞儀をした後、おっしゃった言葉に、心揺さぶられることとなりました

 

私たちは人間である以上、身体は永遠のもではありません

 

いつかみな、終わるときがやってきます

 

しかし、 こころ  魂は永遠なのです

 

深く 美しい 親の愛

 

永遠の愛を

 

また、しっかりと、みせていただきました

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 動けない人たち
  2. 井戸の神様
  3. 良い縁を引き寄せるために
  4. ごはんが食べたい
  5. 切ない想い
  6. 蒼い珠となって
  7. 人のために泣けますか
  8. 再び

カテゴリー







最新コラム一覧

  1. 石に願うとき
PAGE TOP