ごはんが食べたい

PA291064

身近な人たちの中で、ごはんが食べられないほどのひとがいるでしょうか

 

因縁が、因縁を呼び  自然に逆らうことをした先祖たちの行いが

 

子々孫々の病災いとなってくる今の世

 

今日は、その因縁のため

 

人にだまされ、病気と飢えに苦しみ、亡くなった仏様の供養をしました

 

お経と共に飲んでいただくお茶をよういしていたそのとき

 

「おにぎりたべたい  ご飯が食べたい」と仏様

 

急きょご飯の用意を追加し、式にのぞみました

 

どんなにか、お腹いっぱいご飯が食べたかったのかと思えば思うほど

 

切ない思いがこみ上げてきましたが

 

最後は、その仏様、供養をしてくれた従妹にあたる方へ

 

ありがとう、とおっしゃいました

 

本当の苦しさや、悲しさ

 

仏様の訴えは様々な形でくるものですが

 

この従妹の方、自分の食欲に悩んでいたのです

 

親兄弟にうったえてもわかってもらえないから

 

従妹の彼女にうったえていたのです

 

仏の心は、母心

 

受け取るまごころがあるからこそ

 

永い間うったえていたのです

 

それが、ようやくかなった今日

 

従妹の彼女へ

 

ただただ...

 

ありがとう、だったのです

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 百年越しの想い
  2. 本当に愛していますか
  3. 子供だって意志がある
  4. 蒼い珠となって
  5. 過ち
  6. 感謝祭
  7. 切ない想い
  8. 解放

カテゴリー







最新コラム一覧

  1. 花のこころ
PAGE TOP