向かう心はどこに

31036703

誰しもがみんな  望みは違えども

 

しあわせになりたい

 

しあわせにしたいと

 

こころのなかで思ってる

 

でも、遠く先祖にさかのぼり過ちを、過ちと気づかず生きたことで

 

神に心を通すこと(感謝と真心)の大切さを

 

子孫が教えられずにきたことで

 

神から心離れ

 

今の世になり子が親が事の大きさに気づく

 

気付いたその時

 

どうしたらよいのかをつたえるの私の役目でもあるけれど

 

神様は偉大であるとともに、大きな大きなやさしさもまたもっておられて

 

先祖代々の大きな過ちをお詫びするための感謝祭にて

 

真っ白な着物で山の神は来られた

 

そして、来られた方に...

 

うれしそうに

 

それはそれはうれしそうに

 

お力を授けるとおっしゃられた

 

彼女の道を開くと...

 

神様の感謝祭とは

 

なんて心洗われるものなのだろうと

 

なんてすばらしいものなのだろうと

 

何度経験しても思うことは同じ

 

神の助けと 仏の守り

 

本当の私たちのしあわせは

 

これに気づく智慧にある

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 神様からのご褒美は
  2. 悲しみの果てに
  3. 百年越しの想い
  4. 良くなっていく人は
  5. 無縁仏の行先は
  6. 切ない想い
  7. 水子の心
  8. 人間関係において

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー







最新コラム一覧

PAGE TOP